写真コンテスト2012入賞入選

 写真コンテストも6回目となり、かなりコンテストが皆様の中に浸透してきているように思われます。それだけに、だんだんと上位に上がっていくということが難しくなっていきますが、自分たちの生活の周りにある疏水に対する意識や関わり方が、非常に大切なものであるということが、写真を拝見していて感じられ、四季折々の美しい景観や人間ドラマが、豊かに表現されていると思われます。
 その中で、シャッターチャンスをつかむということが、かなり難しくなってきますが、非常に入賞された方々は、その辺のポイントを上手くついている様に思いました。これからも、疏水と人、風景の関わりを感じながら、すばらしいタイミングで、写真を撮っていってください。 

審査委員長 織作 峰子(写真家)
委    員 農林水産省農村振興局長 實重 重実
委    員 全国水土里ネット企画研究部長 原川 忠典


最優秀賞

  • 題名:「夏の思い出」
  • 撮影場所:福岡県朝倉市
  • 撮影者:安岡 義之(福岡県)
  • 疏水名:堀川用水

写真のクオリティーが非常に高いです。シャッターチャンスも良く、写されている被写体の、ビニール袋で浮きを作って楽しく遊んでいる表情も豊かです。




優秀賞

  • 題名:「子にツタえる大切なコト」
  • 撮影場所:愛知県豊田市
  • 撮影者:加藤 利明(愛知県)
  • 疏水名:西大排水路

自分たちの手による、身近な水路の管理によって魚の量が増え、そこに集まる人たちに幸せをもたらしているという様子がよく分かります。

  • 題名:「今日もまたいっしょになったばい!」
  • 撮影場所:熊本県南阿蘇村
  • 撮影者:伊藤 信郎(熊本県)
  • 疏水名:寺坂水源疏水

水源を飲料水や野菜の洗い場として日常的に使われている様子をとらえています。いかに生活に密着しているかということが、作品から読み取れます。




農村振興局長賞

  • 題名:「早朝に輝く」
  • 撮影場所:山形県寒河江市
  • 撮影者:佐竹 吉廣(山形県)
  • 疏水名:二の堰

冬の日の朝霧の雰囲気が非常にドラマティックに表現されている、美しい作品です。孤独な雪景色の中に、春になったら行われるであろう人々の営みが感じられます。




全国水土里ネット会長賞

  • 題名:「夏の川」
  • 撮影場所:滋賀県米原市
  • 撮影者:北川 孝(滋賀県)
  • 疏水名:地蔵川疏水

スイカが疏水で冷たくひやされ、その傍らで子供が水遊びをし、アイスクリームを食べている人も写され、疏水がもたらしてくれる景観美と効果を感じさせます。




入選

題名:「桜咲く稲生川」
撮影場所:青森県十和田市
撮影者:佐藤 幸一(青森県)
疏水名:稲生川用水
題名:「ヒメイワダレ草の植え付け
            作業」
撮影場所:秋田県横手市
撮影者:五十嵐清光(秋田県)
疏水名:成瀬川平鹿堰関連水域
題名:「水路をきれいに」
撮影場所:山形県金山町
撮影者:冨樫 馨(山形県)
疏水名:金山大堰
題名:「秋の用水路」
撮影場所:埼玉県日高市
撮影者:谷本 修一(埼玉県)
疏水名:巾着田用水路           
題名:「疏水の水源」
撮影場所:山梨県北杜市
撮影者:小栗山秀男(千葉県)
疏水名:村山六ヶ村堰
題名:「蒼空の下」
撮影場所:長野県長野市
撮影者:増田 恵(長野県)
疏水名:大御堂堰用水
題名:「慈しむ」
撮影場所:愛知県安城市
撮影者:小澤 昌平(愛知県)
疏水名:大道用水
題名:「きらめく清流」
撮影場所:愛知県犬山市
撮影者:丹羽 祥方(愛知県)
疏水名:犬山頭首工
 題名:「夏の思い出」
撮影場所:三重県多気町
撮影者:中村 昭夫(三重県)
疏水名:立梅用水


 


  


  
 題名:「静かな朝」
撮影場所:兵庫県たつの市
撮影者:加藤 誠司(兵庫県)
疏水名:岩見用水
題名:「格好の遊び場」
撮影場所:岡山県倉敷市
撮影者:斎藤雄宰睦(岡山県)
疏水名:東西用水
 題名:「柿原堰の夕闇」
撮影場所:徳島県阿波市
撮影者:三原 弘枝(徳島県)
疏水名:柿原堰
     
題名:「船出」
撮影場所:福岡県柳川市
撮影者:福原 良一(佐賀県)
疏水名:柳川の堀割
題名:「水豊かにして万物をうる    
    おす」
撮影場所:鹿児島県南さつま市
撮影者:梶原 昭二(鹿児島県)
疏水名:御新田用水
題名:「粛々として」
撮影場所:鹿児島県日置市
撮影者:髙山 博道(鹿児島県)
疏水名:西ノ谷堰
  • 疏水クイズ
  • 水土里ネット

▲ ページの先頭へ