土地改良区の愛称を考える会 | 全国水土里ネット -新・田舎人フォーラム-

土地改良区の愛称決まる!「水土里(みどり)ネット」

土地改良区は、地域により開かれ、より身近に感じてもらえる改良区をめざし、「21世紀土地改良区創造運動」を全国ですすめています。その一環として平成13年11月から14年3月まで、これからの土地改良区にふさわしい愛称を広く募集し、全国から22,254点の作品が集まりました。応募作品は、有識者などで構成された「土地改良区の愛称を考える会」で検討を加え、全国各地での意見交換、土地改良区などによる全国投票を経て、平成14年10月、最終決定されました。

愛称は ‐ 水土里(みどり)ネット ‐

選定する際の視点として、愛称の意味性に加えて、"自分たちが日常使用する"ことを念頭に、わかりやすさ、親しみやすさ、呼びやすさ、覚えやすさが重視されました。なお、全国から寄せられた応募作品のうち、選考の過程で多くの支持を得た愛称から入賞作品を決定しました。

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産