平成28年度土地改良専門技術者研修欠席者レポートについて

平成28年度土地改良専門技術者研修欠席者レポートについて

  平成23年度から、正当な理由により欠席が認められた方については、レポートを提出いただくことになっております。
  今後、ブロック研修が終了したブロックから順次、欠席レポートの課題及び関連するファイルを掲載してまいりますので、各ブロックの提出期限までに以下の事務局までFAX、電子メール又は郵送により提出していただきますようよろしくお願いします。


◎東北ブロック(平成28年10月19日(水)開催) 提出期限:平成28年11月21日(月)
以下の2つのテーマについて、それぞれ1000字程度のレポートを提出。

○農地中間管理機構と農地整備について
 水田整備(大区画化を含む)の計画段階での留意事項、事業計画策定上の留意事項のうち地区の設定、区画計画、農地集積計画及び用排水計画について述べよ。
 また、水田整備を行う事業の調査報告書を作成する際の留意事項について述べよ。
 (参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/sekkei/nn/n_nouti/index.html

○環境との調和への配慮について
  「環境との調和に配慮した事業実施のための調査計画・設計の技術指針」を踏まえ、農業農村整備事業における生物ネットワークの保全・形成の基本的考え方及び環境配慮対策の進め方について述べよ。
  また、調査報告書の「この事業の環境との調和への配慮に対する意見」の項目を作成する際の留意事項について述べよ
 (参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/keityo/kankyo01.html



◎北陸ブロック(平成28年11月7日(月)開催) 提出期限:平成28年12月8日(木)
以下の2つのテーマについて、それぞれ1000字程度のレポートを提出。

○農地中間管理機構と農地整備について
  水田整備(大区画化を含む)の計画段階での留意事項、事業計画策定上の留意事項のうち地区の設定、区画計画、農地集積計画及び用排水計画について述べよ。
 また、水田整備を行う事業の調査報告書を作成する際の留意事項について述べよ。
 (参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/sekkei/nn/n_nouti/index.html

○ストックマネジメントについて
 農業水利施設のストックマネジメントに係る実施サイクルについて述べよ。さらに各実施段階における留意事項について述べよ。
  また、農業水利施設の機能保全を実施する事業の調査報告書を作成する際の留意事項について述べよ。
 (参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/mizu/sutomane/index.html



◎中国四国ブロック(平成28年11月14日(月)開催) 提出期限:平成28年12月16日(金)
以下のテーマについて、2000字程度のレポートを提出。

○事業計画の調査時・報告書作成時の留意点について
 今後の農政、土地改良事業の動向を踏まえた上で、土地改良専門技術者として求められるもの(知識、経験、視点等)について述べよ。
 また、「農地防災事業」、「区画整理(農地整備事業)」、「農業用用排水施設等の機能保全(ストックマネジメント)」「中山間地域総合整備事業」のいずれかを選択し、関連する事業の専門技術者の調査報告書を作成する際の留意点(事業の必要性、事業効果算定、環境との調和への配慮、勧告など)について述べよ。



◎北海道ブロック(平成28年11月22日(火)開催) 提出期限:平成28年12月22日(木)
以下の2つのテーマについて、それぞれ1000字程度のレポートを提出。

○日本型直接支払について
  日本型直接支払のうち多面的機能支払交付金の目的、構成、活動組織、対象活動について述べよ。
  また、新たな食料・農業・農村基本計画における多面的機能支払交付金の位置づけについて述べよ。
 (参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kanri/tamen_siharai.html

○耐震・防災・減災について
 農地防災事業の目的と対策の進め方について述べよ。
 また、ため池の課題、ため池の防災減災の施策体系(防災対策、減災対策、保全・管理対策)について述べよ。
 さらに、農地防災事業の調査報告書を作成する際の留意事項について述べよ。
(参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/bousai_saigai/b_tameike/index.html



◎九州沖縄(那覇)ブロック(平成28年11月28日(月)開催) 提出期限:平成28年12月22日(木)
以下の2つのテーマについて、それぞれ1000字程度のレポートを提出。

○ストックマネジメントについて
 農業水利施設のストックマネジメントに係る実施サイクルについて述べよ。さらに各実施段階における留意事項について述べよ。
    また、農業水利施設の機能保全を実施する事業の調査報告書を作成する際の留意事項について述べよ。
 (参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/mizu/sutomane/index.html

○耐震・防災・減災について
 農地防災事業の目的と対策の進め方について述べよ。
 また、ため池の課題、ため池の防災減災の施策体系(防災対策、減災対策、保全・管理対策)について述べよ。
 さらに、農地防災事業の調査報告書を作成する際の留意事項について述べよ
(参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/bousai_saigai/b_tameike/index.html




◎東海ブロック(平成28年11月29日(火)開催) 提出期限:平成29年1月6日(金)
以下のテーマについて、2000字程度のレポートを提出。

 ○事業計画の調査時・報告書作成時の留意点について
 今後の農政、土地改良事業の動向を踏まえた上で、土地改良専門技術者として求められるもの(知識、経験、視点等)について述べよ。
 また、「農地防災事業」、「区画整理(農地整備事業)」、「農業用用排水施設等の機能保全(ストックマネジメント)」「中山間地域総合整備事業」のいずれかを選択し、関連する事業の専門技術者の調査報告書を作成する際の留意点(事業の必要性、事業効果算定、環境との調和への配慮、勧告など)について述べよ。




◎近畿ブロック(平成28年11月30日(水)開催) 提出期限:平成29年1月6日(金)
以下のテーマについて、2000字程度のレポートを提出。

 ○事業計画の調査時・報告書作成時の留意点について
 今後の農政、土地改良事業の動向を踏まえた上で、土地改良専門技術者として求められるもの(知識、経験、視点等)について述べよ。
 また、「農地防災事業」、「区画整理(農地整備事業)」、「農業用用排水施設等の機能保全(ストックマネジメント)」「中山間地域総合整備事業」のいずれかを選択し、関連する事業の専門技術者の調査報告書を作成する際の留意点(事業の必要性、事業効果算定、環境との調和への配慮、勧告など)について述べよ。


◎九州沖縄(熊本)ブロック(平成28年12月19日(月)開催) 提出期限:平成29年1月20日(金)
以下の2つのテーマについて、それぞれ1000字程度のレポートを提出。

○ストックマネジメントについて
 農業水利施設のストックマネジメントに係る実施サイクルについて述べよ。さらに各実施段階における留意事項について述べよ。
    また、農業水利施設の機能保全を実施する事業の調査報告書を作成する際の留意事項について述べよ。
 (参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/mizu/sutomane/index.html

○耐震・防災・減災について
 農地防災事業の目的と対策の進め方について述べよ。
 また、ため池の課題、ため池の防災減災の施策体系(防災対策、減災対策、保全・管理対策)について述べよ。
 さらに、農地防災事業の調査報告書を作成する際の留意事項について述べよ
(参考)URL:
http://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/bousai_saigai/b_tameike/index.html



◎関東ブロック(平成28年12月21日(水)開催) 提出期限:平成29年1月23日(月)
以下のテーマについて、2000字程度のレポートを提出。

 ○事業計画の調査時・報告書作成時の留意点について
 今後の農政、土地改良事業の動向を踏まえた上で、土地改良専門技術者として求められるもの(知識、経験、視点等)について述べよ。
 また、「農地防災事業」、「区画整理(農地整備事業)」、「農業用用排水施設等の機能保全(ストックマネジメント)」「中山間地域総合整備事業」のいずれかを選択し、関連する事業の専門技術者の調査報告書を作成する際の留意点(事業の必要性、事業効果算定、環境との調和への配慮、勧告など)について述べよ。




(事務局連絡先)
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-4
砂防会館別館4階
全国土地改良事業団体連合会 山根
TEL  03-3234-5594
FAX  03-3234-5670
E-mail:
yamane@inakajin.or.jp

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産