水土里デジタルアーカイブス詳細

奥中山開拓地区

所在地 岩手県 一戸町他
農地面積 4,000 ha

本地区は、岩手県北上山系北部に位置し、県内第二の大河である馬淵川沿岸の二戸市及び一戸町にまたがる2,191haの農地を受益地としています。そのうち一戸町奥中山地域は、標高400~600mのなだらかな高原にあり、厳しい自然環境から農業には適さない地域とされてきましたが、終戦直後の食糧難の解消や失業救済を目的とした緊急開拓が昭和二十年に始まり、これという農機具もなく、また農業未経験者が大部分のなか、鍬一本からはじまった開拓は、想像を絶するものでありました。先人の苦労と努力が実り、今では、レタスをはじめとする高原野菜の一大産地となるとともに、県内有数の酪農製品を産出するまでになっています。

しかしながら、本地域は内陸性特有の気候で、降水量も乏しく、畑地かんがいが未整備であったため、しばしば干ばつ被害に見舞われてきており、国営馬淵川沿岸農業水利事業(平成5~22年(予定))にて、更なる豊かで安定した畑作農業を目指し、新規水源として馬淵川支流の平糠川に「大志田ダム」を建設し、かんがい用水の安定供給を行うとともに、あわせて関連事業である畑地帯総合整備事業を導入し、末端かんがい用水施設と農道などを整備することにより、農業生産性の向上と農業経営の安定を図るものです。

※画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像が表示されます。

事業実施前

ID:0240 ID:0241 ID:0242 ID:0243

戦前

人糞と水とヒエを混ぜ、手作業で蒔く「じまき」

戦前

馬鈴薯の収穫風景

戦前

馬車での耕作風景

戦前

作業にあたる地元の主婦達

工事中

ID:0244 ID:0245 ID:0246 ID:0247

昭和20年代

苦難の開墾作業

昭和20年代

開拓当初のヒエ刈り風景
入植者は、僅かの畑が出来れば作物を一粒でも確保する努力

昭和20年代

デントコーンの刈り取り
家族総出の作業が行われる

昭和20年代

デントコーンの刈り取り
家族総出の作業が行われる

ID:0248 ID:0249 ID:0250 ID:0251

昭和30年代

大型機械を使用しての農地造成

昭和30年代

酸性畑改良のための石灰散布

昭和30年代

昭和30年代に開田ブーム

昭和30年代

昭和30年代に開田ブーム

ID:0252

平成15年

パイプライン工事

施設竣工時

ID:0253 ID:0254 ID:0255

平成15年

完成した大志田ダム

平成15年

完成した大志田揚水機場

平成15年

ファームポンド

完成後の営農の状況

ID:0256 ID:0257 ID:0258 ID:0259

平成19年

一面に広がるレタス畑

平成19年

レタスの収穫風景

平成19年

スプリンクラーかんがい

平成18年

スプリンクラーかんがい

ID:0260 ID:0261

平成19年

共同給水栓

平成19年

定植用水

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産