岩手山麓地区

所在地 岩手県 盛岡市・盛岡市玉山区・滝沢村
農地面積 約 1,500 ha

岩手山の東部山麓一帯は、北上川や雫石川より標高が高かったため、かつては水源に乏しい未開の地でした。

戦後急務とされた食料自給率向上のため、昭和21年(1946)に農林省岩手山麓開拓建設事業を実施。盛岡市玉山区に岩洞ダムを築造したほか、導水路、南北分水工、幹線水路などを一体的に整備して昭和43年(1968)に事業の完成を迎えました。

岩洞ダムからの水は、約15kmの導水トンネルで分岐点となる南北分水工まで運ばれてきます。直径が24mと日本最大級をほこる南北分水工で、北部主幹線用水路(12.3km)と南部主幹線用水路(20.2km)に一定の割合で分水され、現在では盛岡市、滝沢村の1,500haを越える農地を潤しています。

※画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像が表示されます。

事業実施前

工事中

施設竣工時

完成後の営農の状況

ID:0214 ID:0215 ID:0216 ID:0217

水槽から自然流下させる導水路
岩洞第二発電所付近

水槽から自然流下させる導水路
岩洞第二発電所付近

水槽から自然流下させる導水路
岩洞第二発電所付近

岩手山麓開拓地展望
導水路

ID:0218 ID:0219 ID:0220 ID:0221

岩手山麓開拓地展望
川前鋼管サイホン

岩手山麓開拓地展望
川前鋼管サイホン

岩手山麓開拓地展望
川前鋼管サイホン

岩手山麓開拓地展望
川前鋼管サイホン

ID:0222 ID:0223 ID:0224 ID:0225

岩手山麓開拓地展望
川前鋼管サイホン

南北分水工と岩手山

南北分水工と岩手山

南北分水工と岩手山

ID:0226 ID:0227 ID:0228 ID:0229

南北分水工の上で導水路を眺める

南北分水工の上で導水路を眺める

南北分水工の上で南部主幹線用水路を眺める

日本国有鉄道(現IGRいわて銀河鉄道)を跨ぐ導水路

ID:0230 ID:0231 ID:0232 ID:0233

滝沢鋼管サイホンの上を通過する機関車

鉄道の下を通る導水路(滝沢鋼管サイホン)

鉄道の下を通る導水路(滝沢鋼管サイホン)

木賊川頭首工

ID:0234 ID:0235

濁川サイホン

松島鋼管サイホン

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産