水土里デジタルアーカイブス詳細

新十津川地区

所在地 北海道 新十津川町
農地面積 約 4,200 ha

新十津川土地改良区の所在する新十津川町は石狩川中流の右岸に位置し、本区の主流河川徳富川が西より東に向かって横断し石狩川に合流している。石狩川を境に東は滝川市・砂川市、北は雨竜町、南は浦臼町、西は浜益村・当別町に接する。

地区面積4,200ha、組合員数450戸。

新十津川町は明治22年8月奈良県吉野郡十津川郷が未曾有の大洪水により極めて大きな被害を被り北海道へ集団移住し、23年537戸が開拓に着手。明治26年水田の試作が始まり、明治40年上徳富、その後順次下徳富・日進・西徳富の各土功組合が設立、昭和20年四つの土功組合が併合し、新十津川土功組合と成った。更に、昭和24年土地改良法の公布により、一部地区編入し、昭和27年4月1日3,418ha、組合員数1,437戸を以って組織変更、新十津川土地改良区の発足となった。

※画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像が表示されます。

事業実施前

ID:0058

明治23年

入植当時、熊笹と立木に覆われた大地を鋸・鎌・鍬で切り拓く

工事中

ID:0059 ID:0060 ID:0061 ID:0062

大正12年

福井谷貯水池建設風景

昭和29年

新十津川ダム建設風景

客土した田の風景

客土土取り場風景

ID:0063

客土運搬風景

施設竣工時

ID:0064

昭和34年

新十津川ダム竣工

完成後の営農の状況

ID:0065 ID:0066 ID:0067 ID:0068

明治42年

上徳富土功組合第1幹線取水口

明治44年

下徳富土功組合かんがい溝水門

用水を水路より高い田へ汲み上げる水車

道内有数の米どころとして発展した新十津川町

ID:0069

貴重な水源を確保する新十津川ダム

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産