水土里デジタルアーカイブス詳細

遠別地区

所在地 北海道 遠別町
農地面積 3,900 ha

大正11年、土功組合の設置が認可されたことから、取水施設の建設、用水路の開削が行われ、本格的な水田耕作が始まった。

昭和9年、当地域の農業用水の源となる遠別頭首工が大洪水により被災し、取水不能となったことから、翌10年から11年にかけて大規模な災害復旧事業が実施された。

その後、河床低下などにより頭首工が不安定になったため、昭和28年に道営かんがい排水事業による改良工事が実施され、用水の安定確保が図られた。

昭和55年には融雪による被災を受け、災害復旧事業を実施していたが、翌56年の集中豪雨により工事中に再度被災を受け、これとあわせて大規模な復旧事業が実施された。

現在は、餅米を中心としたの生産団地が形成され、道内有数の良食味米生産地として発展している。

※画像をクリックすると、別ウィンドウで大きな画像が表示されます。

事業実施前

ID:0011

1981年

昭和56年集中豪雨災害直後

工事中

ID:0012 ID:0013 ID:0014 ID:0015

1953年頃

スクレーパーによる床堀り

1953年頃

ドレンジャーによる床堀り

1953年頃

モンケンによる矢板打設

1953年頃

蛇籠現地製作状況(1)

ID:0016 ID:0017 ID:0018 ID:0019

1953年頃

蛇籠現地製作状況(2)

1954年頃

頭首工施設改修資材の運搬状況(1)

1954年頃

頭首工施設改修資材の運搬状況(2)

1954年頃

頭首工施設改修資材の運搬状況(3)

ID:0020 ID:0021 ID:0022

1954年頃

頭首工施設改修資材の運搬状況(4)

1954年頃

頭首工施設改修資材の運搬状況(5)

1955年

用水路開削工事

施設竣工時

ID:0023 ID:0024 ID:0025

1954年頃

道営かん排事業(頭首工改良工事)の完成

1955年

山崩れ防止暗渠工完成通水式

1982年

災害復旧工事完成

完成後の営農の状況

ID:0026 ID:0027

1950年頃

遠別第1頭首工土砂吐角落し部

2005年

現在のもち米生産団地

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産