全国農業用水小水力発電推進協議会

農業用水を活用した小水力発電を総合的に推進し、農村地域資源の有効活用と、再生可能エネルギー供給システムの実現を図るために、平成24年4月25日に『全国農業用水小水力発電推進協議会』を設立しました。

本協議会は、農業用水を活用した小水力発電を実施している、若しくは将来の取り組みを検討している土地改良区、市町村、都道府県水土里ネットを主な会員としています。(会員数381団体[平成25年7月現在])

小水力発電は、既存の農業水利施設を活用できるとともに、発電過程において二酸化炭素を発生しないクリーンなエネルギーです。このような素晴らしいエネルギー供給システムを次世代に継承し、さらに、農業・農村の活性化を図るため、小水力発電に関する収集・提供、調査・研究、施策提案などの活動を展開していきます。

全国農業用水小水力発電推進協議会への入会は随時受け付けております。入会をご希望される市町村、土地改良区等は、各都道府県水土里ネットあるいは全国水土里ネット企画研究部までご連絡下さい。

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産