新着情報

2013/12/25

河川法の改正について

河川法が改正され、農業用水など、既に許可を得ている流水を利用して水力発電を行う場合は、河川環境等に新たな影響を与えないことから、許可制に代えて、登録制とすることになりました。登録制では、申請書類や手続の簡素化、水利権取得までの期間の大幅な短縮化などが図られています。(平成25年12月11日施行)
また、慣行水利権に従属して発電する場合の手続きについても簡素化されています。

小水力発電と水利使用手続(国土交通省ウェブサイトにリンク)

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産

動画2018