新・田舎人56号(H20.6)

「農」を明視するネオ・カルチャーマガジン
季 刊  新・田舎人 第56号

目次 | 平成20年6月15日発行

新・田舎人インタビュー

21世紀の生き方、暮らし方としての『半農半X』を提唱して
塩見 直紀さん(半農半X研究所代表)

塩見さんはサラリーマン勤務の後、ふるさとへUターン。自家消費用に田・畑を耕しながら、NPO法人スタッフとして、農家民宿、田舎暮らしツアーなどの取り組みや、自らは執筆や講演活動も行っている。提唱するのは『半農半X』という生き方、暮らし方。「半農半X」とは「半農半漁」で言う「半農」。では「X」とは何をさすのだろう?里山的暮らし、農的暮らしに新しい可能性を見出した塩見さんにうかがった。

ふるさとニューウエーブ

緑提灯を掲げ,1,000店以上の飲食店が地場産品、国産食材を応援
~『緑提灯』~

一定のルールはあるが、組織的な活動はまったく行っていない“緑提灯”の活動とは何か?発案者は 「呑ん兵衛なおじさんたちの遊び」という。しかし、この遊び、なかなか奥が深い上に、全国的に大きな広がりをみせている。

一緒に考えよう!ふるさとの景観⑤

景観づくり/知と心の施策としての住民参加
山本 徳司(独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究所)

食と農のキーワード⑫

“食料品値上げ”の背景 その1

地域力向上委員会⑬

地域資源 その2「逆転の発想」
※このコーナーでは地域の絆の強化、自治力、活性化などに役立つ情報をご紹介します。


他 読者の声 など A4版20ページ

バックナンバー

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産