ため池写真コンテスト

平成28年度 「ため池のある風景」写真コンテスト作品募集

作品募集要領

 

第17回  (平成27年度)「ため池のある風景」写真コンテスト

ため池は農業用水を確保するため、河川用水に恵まれない地域で数多く造られてきましたが、同時に農業用としてだけでなく、洪水調整や水辺を楽しむ親水空間など、地域の風景にとけ込んで、さまざまな役割を果たしています。

こうしたため池の存在と大切さをより多くの方々に知っていただくため、平成27年度で17 回目となる「ため池のある風景」写真コンテストを実施し、このたび全国から寄せられた作品507点のなかから、写真家の英 伸三先生の審査により、最優秀賞1点、優秀賞2点、全国水土里ネット会長賞1点、特別賞31点を選定しました。全国各地にあるいろいろな表情のため池を広く紹介することにより、ため池に対する理解がますます深まっていくことを願っています。

主催:全国ため池等整備事業推進協議会
協賛:全国水土里ネット、都道府県水土里ネット

最優秀賞

最優秀賞:「月見草咲く堤防」
平池(香川県綾川町)
撮影 三井秀範

「富士には、月見草がよく似合ふ。」と太宰治が言ったように、コンストラストがとても美しくスケールの大きな写真です。逆光で讃岐富士に朝の太陽がちょうど頂上から上がるところを狙い、手前に月見草の花を入れ、水面に浮いている水草が光を適度に吸収して画面全体を柔らかくし、朝の光を柔らかく受け止めています。非常に立体的で、いきいきとした朝の場面を捉えています。

優秀賞

優秀賞:「新緑の朝」
広沢池(京都府京都市)
撮影 木下正治

広沢池の自然度の濃い風景が、そのままフレームに収まっています。雲の合間から太陽光が差し、山並みが雲に覆われているその微妙な瞬間に、ため池の水面を鴨が泳いでいる。よほどこの場所を熟知しているのでしょう。新緑の季節にじっくりチャンスを待って掴んだ努力と感性を感じさせる素晴らしい作品です。こんな場所に立ってみたい、いやたっているような錯覚さえ覚えます。

優秀賞

優秀賞:「クリーンな地球の為に」
琴池(兵庫県稲美町)
撮影 山口 剛

広い水面を活用して、たくさんのおびただしい数のソーラーパネルを浮かべて敷き詰めて電力を得ようとしている、ため池の新しい活用の仕方を伝える、ニュース的な意味合いもある写真です。画面としても美しく、手前に少し水面を入れながら、奥行きのあるソーラーパネルを敷き詰めたところを捉えた、技術的にもしっかりしたいい写真だと思います。

全国水土里ネット会長賞

全国水土里ネット会長賞:「夜明けのため池」
別所池(奈良県御所市)
撮影 澤井祥憲

水鳥が水面にいて、その鳥たちによって起こされる波紋が小さなため池にワワワと広がる、それを実に鮮やかな色調で表現しています。絵本の一場面を見ているような、そんな夢のある写真に仕上げています。作者は、きっと綿密な撮影計画を練り、季節と時間と天候の折り合いで生み出されるこの風景を捉えたのでしょう。

疏水名鑑

デジタルアーカイブス

水土の礎

Think About 2030

世界かんがい施設遺産